ご挨拶

COMPANY

会社情報

相洋産業株式会社は、製品の基となる金型の製作から、鋳造・加工・表面処理(各種メッキ・塗装)迄を一貫(組立も実施)して行う総合製造メーカーです。ダイカストという言葉は、あまり聞き慣れないかも知れませんが、ダイカスト製品を使用されている分野は幅広く、電気製品をはじめ、自動車、コンピューター、建築用と、私達の身近な所で多種多様に活用されております。これらの製品づくり「モノづくり」に、相洋の技術と品質が活かされています。

思考はあくまでも柔軟に、そしてアプローチは繊細かつ緻密に、しかしながら発想はあくまで大胆に、という考えから、私共のスローガン “Think Courageously” が生まれました。この考えこそが、創業以来、ダイカスト業界のリーダーたらんとした相洋を支える力の源なのです。新技術、新製品への対応は、既存の考え方からは決して生まれません。だからこそ、常に大胆な発想を持って、未来に向けチャレンジし続けます。

代表取締役 内田治光

社是

経営方針

  • 高品質の製品をより早く、より安く
    供給できる企業の創造
  • 大胆かつ柔軟な発想を持つ、
    チャレンジ精神あふれる人材の育成

環境方針

相洋産業株式会社は、亜鉛及びアルミダイカスト製品並びにそれらの製造に使用される金型の設計・開発及び製造の工場であることを踏まえて、以下の方針に基づき行動します。

  1. 当社の製品の製造に使用する資材・材料等は、環境保護を考慮し、環境負荷の少ない部材を優先的に使用し、製造工程における環境負荷低減に努めます。
  2. 当社の事業活動において、関連する環境法規制及び当社が同意する環境に関する要求事項を順守します。
  3. 顧客の要求事項である化学物質の使用制限については、これを確実に管理するために、製品に含有する化学物質を管理するシステムを構築し、これを運用します。
  4. 当社は、事業活動と共に、環境保護活動を推進させ、汚染の予防に努めます。
  5. 当社は環境パフォーマンスを改善するために、環境マネジメントシステムを構築し、これを継続的に改善します。

環境方針を当社で働く、又は当社のために働くすべての人に周知徹底し、方針達成のために、環境目的・目標を設定し、これを定期的に見直します。

会社概要

会社名相洋産業株式会社
代表者代表取締役 内田治光
創立年月日昭和47年1月
資本金1,000万円
本社所在地〒250-0055 神奈川県小田原市久野111番地
従業員数96名
男子59名 女子37名 (令和3年4月現在)
資格保有者ダイカスト技能士 15名
電話0465-35-3739
FAX0465-35-5566
事業内容各種金型・治工具の設計・製作
各種ダイカスト製品の鋳造及び精密部品加工、
表面処理(各種メッキ・塗装)及び組立
主要取引銀行さがみ信用金庫
りそな銀行
みずほ銀行
工場敷地面積
及び建築面積
敷地面積 8,000m2
建築面積 3,000m2

沿革

当社の創業者である故・内田重雄が昭和32年にダイカストマシンを購入し、1人でダイカスト業を始めたところから今の相洋産業の礎が築かれました。

昭和47年1月小田原市久野470番地に創業開始。
昭和52年1月小田原市久野111番地に本社及び工場移転。
昭和58年3月精密小物製品の鋳造を開始。
昭和60年10月相洋産業有限会社より相洋産業株式会社へ組織変更。
昭和60年12月JIS認定工場となる。(第385115号電線管用付属部品)
平成2年11月神奈川県優良工場として表彰される。
平成3年12月敷地内に金型工場を新設。
平成13年5月相洋ダイカスト工業(株)と統合。
平成15年12月ISO9001:2000認証取得。
平成16年7月ISO14001:1996認証取得。
平成27年7月ISO9001:2008認証更新。
平成28年7月ISO14001:2004認証更新。
平成29年7月ISO9001,ISO14001:2015認証更新。

アクセス

大きな地図で表示する

〒250-0055 神奈川県小田原市久野111番地
TEL:0465-35-3739

新幹線、JR東海道線、小田急線、大雄山線 小田原駅下車 西口へ
(1)バス乗降場 2番
(2)市役所前 又は、市立病院前にて下車 (バス:5分 + 徒歩:2分)